米国赤十字社に提供される全血のうち、約8%が未成年(16歳と17歳)から提供されているが、若い世代の初回献血は、供血関連合併症の独立した危険因子であることが知られている。米国の血液センターのヘモビジランスプログラムを利用して、16歳と17歳が全血献血を行った際に発生した有害事象を18歳以上の場合と比較した結果、16〜17歳の10.7%に何らかの合併症が見られること、多くは軽症だが失神、転倒して外傷を負うケースも1万回当たり5.9件生じており、たとえ軽症であっても合併症を経験すると1年以内に再度献血する頻度は大きく低下することが明らかになった。詳細は、JAMA誌2008年5月21日号に報告された。

ログインして全文を読む