心マッサージ(胸骨圧迫)の中断を最小にする心脳蘇生(MICR)の有効性を示すデータが蓄積されつつある。今回、2000年のAHAガイドラインに沿った2次救命処置とMICRを比較した結果、院外心停止者にMICRを適用すると生存退院率が3倍になることが示された。米国Mayo ClinicのBentley J. Bobrow氏らの報告で、詳細はJAMA誌2008年3月12日号に掲載された。

ログインして全文を読む