チアゾリジン系薬剤(TZD)(ロシグリタゾンまたはピオグリタゾン)を高齢の2型糖尿病患者に投与すると、ロシグリタゾンは他の経口糖尿病治療薬に比べ、うっ血性心不全、急性心筋梗塞のリスクが上昇し、さらに全死因死亡リスクも有意に上昇することが示された。カナダToronto大学のLorraine L. Lipscombe氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年12月12日号に掲載された。

ログインして全文を読む