急性心筋梗塞患者の救急管理において、ST上昇心筋梗塞(STEMI)患者のアウトカムには、再還流までの時間が大きく影響する。そのためSTEMIを疑う患者の病院到着からバルーン治療による血流再開までの時間(door-to-ballon時間)を短縮する目的で、心臓カテーテル検査を行うケースが増えているが、実際に心臓カテ検査はどの程度有用なのだろうか。

ログインして全文を読む