股関節骨折を減らすためには、ハイリスク者を抽出し適切な予防策を実践することが大切だ。米国California大学Davis校のJohn Robbins氏らは、簡単な質問を組み合わせて股関節骨折5年リスクを推算するアルゴリズムを開発した。詳細は、JAMA誌2007年11月28日号に報告された。

ログインして全文を読む