米国で慢性腎疾患(CKD)の有病率が劇的に上昇していることが明らかになった。1988〜1994年と1999〜2004年の有病率を比較したところ、1.3倍にも増加していた。米国Johns Hopkins大学のJosef Coresh氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年11月7日号に報告された。

ログインして全文を読む