米国でワクチン接種勧告が対象疾患の有病率と死亡率に与えた影響を評価した結果、勧告に組み込まれた疾患は症例数、死者数ともに顕著に減少していることが明らかになった。米国疾病管理センター(CDC)国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)のSandra W. Roush氏らの報告で、詳細はJAMA誌2007年11月14日号に掲載された。

ログインして全文を読む