関節リウマチ患者に対する生物学的製剤の使用は、非結核性抗酸菌(NTM)症罹患の有意な危険因子ではなく、NTM症の増悪因子にならない可能性が示された。6月23日から大阪市で開催された第93回日本結核病学会総会で、慶應義塾大学リウマチ膠原病内科の仁科直氏が発表した。

関節リウマチへの生物製剤使用はNTM症のリスクにならずの画像

ログインして全文を読む