好中球優位な胸水を呈する結核性胸膜炎は低栄養症例に多く、早期に胸腔ドレナージ処置を考慮する必要性が示された。6月23日から大阪市で開催された第93回日本結核病学会総会で、国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科の片山加奈子氏らが発表した。

好中球優位の結核性胸膜炎は低栄養例に多く外科処置を必要とするの画像

ログインして全文を読む