2年に1度の日本医師会の役員選挙が2018年6月23日、日本医師会館で開かれ、現職会長の横倉義武氏が4選を果たした。任期を務めきれば、戦後の日医会長としては、25年間にわたって会長を務めて一時代を築いた武見太郎氏は別格として、羽田春兔氏と坪井栄孝氏の4期8年に並ぶことになる。

日医会長選挙で横倉氏が4選の画像

ログインして全文を読む