全国の糖尿病認定教育施設を対象とした調査から、高度肥満(BMI 35以上)の状態にある糖尿病患者は同施設を受診する糖尿病患者の2.7%であり、その中で肥満外科治療を実施または紹介した患者は3.4%にとどまっていたことが明らかになった。第36回日本肥満症治療学会学術集会(6月15〜16日、開催地:東京)で、東邦大学医療センター佐倉病院糖尿病内分泌代謝センターの龍野一郎氏らが発表した。

糖尿病患者の2.7%がBMI 35以上の高度肥満者の画像

ログインして全文を読む