6月14日から京都市で開催されている第60回日本老年医学会学術集会で同学会が「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」を発表した。同学会理事長の楽木宏美氏(大阪大学老年・総合内科学)、副理事長の秋下雅弘氏(東京大学医学部附属病院老年病科)、第60回学術集会長の横出正之氏(京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター)が登壇し、学会として今後5年間で取り組む5つの項目について紹介した。

老年医学推進5か年計画を発表、超高齢化社会の課題解決に向けて目標設定の画像

ログインして全文を読む