自院外来に通う高齢糖尿病患者を対象に認知機能のスクリーニング検査であるMini-Cogを実施し、「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」で提唱された治療カテゴリーの再評価を行ったところ、4分の1の患者でHbA1c目標値が緩和される方向にカテゴリーが変更されたと、第61回日本糖尿病学会年次学術集会(5月24〜26日、開催地:東京)で、公立陶生病院(愛知県瀬戸市)の内藤聡氏らが発表した。

高齢糖尿病患者の4分の1で治療カテゴリー変更の画像

ログインして全文を読む