関節リウマチ患者は、骨折リスクがあるにもかかわらず骨粗鬆症治療がされていない――。横浜市立市民病院整形外科の中澤明尋氏からのメッセージだ。同氏は、第62回日本リウマチ学会総会・学術集会(4月26〜28日、東京)の教育研修講演に登壇。同整形外科で治療に当たった170例293骨折の調査結果を基に、慢性リウマチ患者の骨折の現状と課題を語った。

もっと積極的に関節リウマチ患者の骨折予防をの画像

ログインして全文を読む