日本内視鏡外科学会は3月28日、ロボット支援内視鏡下手術(ダビンチ手術)に関する学会指針を発表した。指針では2018年度の診療報酬改定で、新たに保険適用範囲が大幅に拡大された12術式については、術前に症例登録を行うことを必須条件と設定。保険診療でのダビンチ手術は、学会指針に基づいて行う必要があるため。今後は全例で症例登録が行われることになる。

ダビンチ手術全例に術前症例登録を義務付けの画像

ログインして全文を読む