研修医教育のボトムアップを図るにはどうしたらよいのか――。これは、“三銃士”を名乗る救急・集中治療医と総合診療医の3人が、第16回日本病院総合診療医学会学術総会(3月2〜3日、大分県別府市)で開催したワークショップのテーマだ。院内勉強会の継続が困難なわけを指導医あるいは研修医の目線で語り合い、メンターの条件にも議論が及んだ。「教え子の選択」もメンターがやるべきことの1つとする論文が紹介され、どよめく場面もあった。

「教え子選び」もメンターがすべきこと?の画像

ログインして全文を読む