日本人における末期腎不全(ESRD)の代替エンドポイントとして、欧米と同様な推算糸球体濾過量(eGFR)の低下率(2〜3年間における30〜40%の低下)の採用が決まった。日本腎臓学会と日本医療研究開発機構(AMED)「腎領域における慢性疾患に関する臨床評価ガイドラインの策定に関する研究」班の主催により2月25日に開催された公開セミナー「腎臓病克服への挑戦―腎臓病薬開発加速基盤としての臨床評価ガイドライン」で、同研究班長の南学正臣氏(東京大学腎臓・内分泌内科教授)が発表した。

2〜3年間でのeGFRの30〜40%低下が指標にの画像

ログインして全文を読む