胃食道逆流症(GERD)の治療は、プロトンポンプ阻害薬(PPI)を中心とした薬物治療が基本だが、内科的治療のみでコントロール不良の場合には、腹腔鏡下に噴門形成術が行われることもある。

薬剤抵抗性GERDに新たな内視鏡治療の可能性の画像

ログインして全文を読む