中央社会保険医療協議会(中医協)は1月17日の総会で、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いたロボット支援下内視鏡手術について、保険適用となる手術の範囲を拡大することを了承した。これまで保険適用されていた2件に加え、腹腔鏡下胃全摘術など12件が4月から保険適用される。 

ダヴィンチ手術、新たに12件が保険適用にの画像

ログインして全文を読む