厚生労働省の医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループは12月7日、2020年度以降の初期臨床研修について議論。研修期間は計2年間以上と変更しないものの、内科、救急、地域医療に加え、外科、小児科、産婦人科、精神科を必修科目とすること、経験しなければならない疾患・病態を具体的に定め、コミュニケーション能力などの資質・能力についても評価基準を設けて修了認定を行うことを大筋で了承した。医道審議会の医師分科会医師臨床研修部会でこの案が了承されれば、2020年度以降の研修内容と評価の仕組みが大きく変わる。

初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定への画像

ログインして全文を読む