東京、埼玉、神奈川、千葉を中心に28病院のほか介護施設などを展開する戸田中央医科グループは、埼玉県朝霞市の朝霞台中央総合病院(1977年開設)の名称を「TMGあさか医療センター」に変更し、2018年1月1日に新築移転する。病床は120床増やして446床とし、救急や手術などの急性期機能を強化。人口流入が進む埼玉県南西部の急性期医療の拠点病院としての機能を高めた。

朝霞台中央総合病院が機能を強化して新築移転の画像

ログインして全文を読む