レビー小体型認知症は、レビー小体病の一種で、その病理は嗅球で初発するとされているが、その後の進展には不明な点も多い。そこで公立松任石川中央病院(石川県白山市)神経内科の吉長知史氏がレビー小体型認知症患者の嗅覚を含む臨床的検討を行った結果を、11月24日から金沢市で開催された第36回日本認知症学会学術集会で発表した。

レビー小体病理で脳幹を回避して大脳皮質に進むケースもあるの画像

ログインして全文を読む