「アルツハイマー病の治療薬開発を目指して、バイオマーカーを用いて認知症早期段階を詳しく定義しようという動きが進んでいる。最も新しいものは、症状とは無関係に、アミロイド、タウ、神経細胞死の3つのバイオマーカーで患者を分類するものが提唱されている」。11月24日から金沢市で開催された第36回日本認知症学会学術集会で、東北大学加齢医学研究所脳科学研究部門老年医学分野教授・加齢老年病科科長の荒井啓行氏が軽度認知障害やプレクリニカルAD(アルツハイマー病)の定義の最新動向について概説した。

有効な薬剤開発を目指して認知症早期段階の定義確立進むの画像

ログインして全文を読む