糖尿病性認知症(DrD)の背景病理は、加齢に伴う海馬領域を中心に神経原線維変化が出現するタウ蛋白異常症(primary age-related tauopathy;PART)がメインで、アルツハイマー型病理は少ないことが示された。11月24日から金沢市で開催された第36回日本認知症学会学術集会で、東京医科大学高齢総合医学分野の竹野下尚仁氏が発表した。

糖尿病性認知症、アルツハイマー型病理少なくタウ蛋白異常がメインの画像

ログインして全文を読む