ナトリウムグルコース共輸送担体2阻害薬(SGLT2阻害薬)カナグリフロジンの心血管安全性を評価した大規模臨床試験CANVASプログラムから、心血管疾患(CV)の既往がない患者(1次予防コホート)と既往のある患者(2次予防コホート)に層別した解析結果の詳細が発表された。米国心臓協会学術集会(AHA2017、11月11〜15日、開催地:アナハイム)で、米スタンフォード大学のKenneth W. Mahaffey氏らが報告した。

カナグリフロジン、1次予防患者の利益は限定的の画像

ログインして全文を読む