冠動脈疾患(CAD)の既往がある日本人患者を対象に、高用量(4mg/日)のピタバスタチンによる心血管(CV)イベントの再発予防効果を標準用量(1mg/日)と比較したREAL-CAD試験の結果が明らかになった。高用量群で再発リスクは19%有意に低下したと、米国心臓協会学術集会(AHA2017、11月10〜15日、開催地:アナハイム)で京都大学循環器内科の木村剛氏らが発表した。

高用量ピタバスタチンはCV再発予防に有効の画像

ログインして全文を読む