日本循環器学会と日本心不全学会は10月31日、一般社会や国民に向けた心不全の定義を発表した。「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です」というもの。

心不全は予防が重要な「病気」との理解広めるの画像

ログインして全文を読む