日本高血圧学会は松山市で10月22日まで開催されていた第40回総会で、「日本高血圧学会新禁煙宣言(2017松山宣言)」を発表した。新宣言では会員に対して加熱式たばこを含むあらゆるたばこ製品の不使用、患者への積極的な禁煙指導の実践などを求めたほか、国内外のたばこ会社(子会社や関連する財団なども含む)から助成を受けた研究は、今後の同学会総会や臨床高血圧フォーラムでの発表演題として採択せず、学会誌Hypertension Researchへも掲載しないことなどを行動指針として打ち出した。

新禁煙宣言、禁煙指導の技能が専門医資格要件にの画像

ログインして全文を読む