昨今、B型肝炎由来でもC型肝炎由来でもない肝癌(非B非C肝癌)の割合が増加している。この非B非C型肝癌に関する後ろ向き多施設共同コホート研究「INUYAMA NOBLESSE STUDY」の調査結果を、10月12〜15日に福岡市で開催された第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017)で東京大学消化器内科の建石良介氏が報告した。

日本における肝癌、非C非B肝癌が3割を超えるの画像

ログインして全文を読む