部下へのパワーハラスメントなどを理由に群馬大学を2014年に懲戒解雇された大学院医学系研究科の元教授が、解雇は不当として同大に地位確認と未払い賃金などを求めた訴訟の判決があり、前橋地裁(塩田直也裁判長)は10月4日、解雇を無効と判断。群馬大側に賃金の一部や慰謝料の支払いを命じた。

地裁が「パワハラで解雇は無効」の画像

ログインして全文を読む