今月、日本消化器病学会関連研究会慢性便秘の診断治療研究会が『慢性便秘症診療ガイドライン2017』をまとめ、発刊した。10月15日まで福岡県福岡市で開催されたJDDW2017で、横浜市立大学附属病院肝胆膵消化器病学主任教授の中島淳氏がガイドラインの特徴を解説しながら、便秘診療の満足感を高めるためのコツについて語った。

国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は?の画像

ログインして全文を読む