我が国における特発性心筋症の臨床像の一端が明らかにされた。厚生労働省特定疾患治療研究事業における臨床調査個人票を基に、1万例余のデータを解析したもの。九州大学の加来秀隆氏らが第21回日本心不全学会学術集会(10月12〜14日、秋田市)で報告した。

日本の特発性心筋症の臨床像が明らかにの画像

ログインして全文を読む