高齢化の進展に伴い、骨粗鬆症治療薬のビスホスホネート製剤(BP製剤)の処方は増加している。BP製剤は、副作用として上部消化管障害が知られているが、抗血栓薬とNSAIDsを併用している患者では、さらに注意が必要であることが示された。10月12〜15日に福岡市で開催された第25回日本消化器関連学会週間で、東京女子医科大学病院消化器病センターの山本果奈氏が発表した。

BP製剤と抗血栓薬、NSAIDsの併用高齢者は消化管障害の悪化に注意の画像

ログインして全文を読む