大腸癌に対する内視鏡治療ではこれまで、粘膜下層の浸潤距離が1000μm以上と判断された場合などには、追加で外科手術を行うことが推奨されてきた。しかし近年、リンパ節転移の危険因子を伴わない場合には浸潤距離によらずリンパ節転移の可能性は低いことが明らかになり、また負担の大きい外科手術をためらう高齢患者も増加している。

超音波内視鏡による浸潤距離予測で深部浸潤大腸癌も内視鏡切除可能にの画像

ログインして全文を読む