糖尿病患者では食事に気をつける必要があるが、関西電力病院総長で関西電力医学研究所長を務める清野裕氏は、高齢者ではサルコペニアも同時に予防することが大切で、肉や魚を先に食べ、次に野菜、そして炭水化物を食べる指導が有効であると、自らの研究結果に基づき高齢糖尿病患者に適した食事の仕方を紹介した。第31回日本臨床内科医学会で発表した。

インクレチン分泌から見る高齢糖尿病者の食事順の画像

ログインして全文を読む