厚生労働省は9月29日、薬剤耐性(AMR)対策の国民向け啓発活動に「機動戦士ガンダム」を起用したと発表した。これは、厚労省が国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターに委託した事業の一環として行われたもの。厚労省は今年9月から国民へ向けたAMR対策の普及啓発活動を行なっており、有名なキャラクターを用いてAMR対策の必要性を広く認知させるねらいがある。

厚労省、薬剤耐性対策の啓発にガンダムを起用の画像

ログインして全文を読む