日本脳卒中学会は9月26日、『脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017]』(以下、2017年追補版」を発表した。脳梗塞急性期の血管内治療がグレードAで推奨されるなど、2015年版から25項目が差し替えられた。改訂された部分は[追補2017]として日本脳卒中学会のウェブサイトで公開されており、追補を反映したガイドラインの書籍は10月下旬に、電子版は11月以降に発行予定という。

脳梗塞急性期の血管内治療がグレードAの推奨にの画像

ログインして全文を読む