持効型インスリンを使っている2型糖尿病患者において、血糖日間変動が大きいと重症低血糖および総死亡のリスクが、また重症低血糖の既往があると総死亡リスクが、それぞれ有意に上昇していたという。インスリンデグルデクの心血管安全性を評価したDEVOTE試験のサブ解析結果で、カナダ・トロント大学のBernard Zinman氏らが第53回欧州糖尿病学会学術集会(EASD2017、9月11〜15日、開催地:リスボン)で発表した。

血糖の日間変動が大きいと総死亡リスクが上昇の画像

ログインして全文を読む