「研修医との接点が少なくなってきた」「勉強会を開いても集まりが悪い」「教えるとウザがられてしまう」――。研修医の指導に当たる医師たちの悩みは、尽きることがない。その打開策を探るために開催されたのが、第15回日本病院総合診療医学会(9月14〜15日、千葉県浦安市)の教育講演「研修医の指導に悩むDr.よ集まれ!」だ。“三銃士”を名乗る救急・集中治療医と総合診療医の3人が、会場を埋め尽くした100人近くの参加者と語り合ったものは、いったい何だったのか。

「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」……の画像

ログインして全文を読む