スペイン・バルセロナで開催された欧州心臓病学会(ESC2017、会期:8月26〜30日)では、新しい薬剤や投与レジメンで心血管(CV)イベントの有意抑制を認めたとする大規模臨床試験の発表が相次いだ。学会に参加した福岡山王病院(福岡市早良区)循環器センター長の横井宏佳氏に、今期大会のトピックスと日常診療へ与えるインパクトを聞いた。(収録日:8月27日)

薬物治療、新たな次の一手の報告に勇気もらうの画像

ログインして全文を読む