日本耳鼻咽喉科学会(理事長:森山寛氏・東京慈恵医科大学)は9月5日、都内で記者会見を開き、ムンプス難聴の大規模調査の結果を公表した。2015年からの2年間で、ムンプス難聴と診断された患者は、全国の耳鼻咽喉科医療機関3536施設から336人が報告された。このうち9割以上に上る303人に、後遺症があることも明らかとなった。この結果を受けて同学会は、ワクチンで防げる病気であるとし、ムンプスワクチンの早期定期接種化を国に働き掛けていく方針だ。

ムンプス難聴は2年で300例以上、初の全国調査の画像

ログインして全文を読む