病院の労働環境改善のために過半数代表者選挙に立候補し当選した医師が、代表就任後2カ月で解雇された。医師は不当解雇に当たるとし、地位確認などを求め鹿児島地方裁判所に提訴。8月29日に第1回口頭弁論があり、病院側は争う姿勢を示した。全国医師ユニオンと原告医師らが9月1日、厚生労働省で記者会見して明らかにした。

働き方改革に挑む医師が解雇、不当と提訴の画像

ログインして全文を読む