医療事故調査制度において各医療機関から報告書を受け取りるほか、収集した事例を基に解析して再発防止策を検討する役割を担う第三者機関である医療事故調査・支援センターはこのほど、2つ目となる再発防止策を提言した。テーマとなったのは「急性肺血栓塞栓症」。センターとして指定されている日本医療安全調査機構が8月29日に公表した。

医療事故調、急性肺血栓塞栓症で6つの提言の画像

ログインして全文を読む