他家の臍帯血を利用した治療を無届けで行ったとして、愛媛県や京都府など4府県警の合同捜査本部は、2017年8月27日、再生医療等安全性確保法違反の疑いで、臍帯血をクリニックに販売した業者や実際に投与を行った医師ら6人を逮捕した。同法違反で逮捕者が出るのは初めて。

再生医療等安全性確保法違反で初の逮捕者の画像

ログインして全文を読む