スペイン・バルセロナで開催されている欧州心臓病学会(ESC2017、会期:8月26〜30日)でカナダ・マクマスター大学のJohn Eikelboom氏らは、アスピリンに低用量のリバーロキサバンを上乗せすることで、心血管疾患(CVD)の再発リスクが24%、有意に減少したと発表した。CVDの既往がある2万7395例を対象にリバーロキサバンの第3相試験として行われたCOMPASS試験の結果だ。さらに同じグループのSonia Anand氏は、末梢動脈疾患(PAD)に限定した7470例でのサブ解析を報告。主要下肢イベント(MALE)のリスクも46%の大幅な減少となった。

リバーロキサバンでCVD再発リスクが24%減の画像

ログインして全文を読む