都内の病院で産婦人科医専門研修を行っていた男性医師の自殺が過労死と認定された(関連記事)ことを受けて、日本産婦人科学会と日本産婦人科医会は8月13日、分娩取扱病院における産婦人科勤務医の一層の勤務環境改善を求める声明を発表した。若い医師の過労死について「専攻を共にする同僚として痛恨の極み」と言及。分娩取扱病院の大規模化・重点化をさらに進めるべきと主張している。

若い医師の過労死は「同僚として痛恨の極み」の画像

ログインして全文を読む