東京大学医学部附属病院22世紀医療センターの社会連携講座「肥満メタボリックケア」は、東京大学とライザップ株式会社の共同研究として「運動・栄養介入による胃癌周術期のサルコペニア予防効果に関するランダム化比較試験」を9月から始める。

東大とライザップが胃癌手術前後のトレーニングで臨床試験の画像

ログインして全文を読む