新潟県は8月3日、県立病院の常勤医師340人の長時間労働の実態を公表した。2016年度の実績を確認したもので、過労死ラインの目安とされる月80時間超の時間外労働をしていた医師は17人、100時間超の医師も6人に上った。延べ人数月で見ると80時間超が43人で、医師1人当たり2.5月以上に上ることも明らかになった。

常勤医師の17人が過労死ラインに、1人当たり2.5月以上の画像

ログインして全文を読む