厚生労働省は7月24日、西日本に住む50代女性が、昨年の夏に野良猫にかまれ、重症血性血小板減少症候群(SFTS)を発症し、死亡していたことを明らかにした。野良猫はSFTSを感染・発症しており、その猫との接触によって女性に感染したと考えられている。

野良猫に噛まれた女性、SFTSで死亡の画像

ログインして全文を読む