日本脳炎ワクチンの供給不足が続いていることを受け、日本小児科学会の予防接種・感染症対策委員会は7月6日、「医療施設における対応」を公表した。日本脳炎ワクチンの未接種者と1回接種者は合計2回の接種を行い、2回あるいは3回接種している子どもでは、ワクチンが安定供給されるまで、接種を見送るよう求めている。

日本脳炎ワクチン不足で接種見送りの検討をの画像

ログインして全文を読む